Joe Tsuchiya Blog - Since 1999

いろいろなパターンのタイ料理屋がある

2007年12月07日 18:36:07

日本には、いろいろなパターンのタイ料理屋があり、「今日は清潔店」「今日は超美味店」「今日は楽しい店」「今日はマニアックな店」
というように行き分けているわけだけど、いつも行く度に「日本一辛いソムタム」とか「日本一辛いトムヤムクン」下さい
とかいう言い方ばかりして注文している店がある。ここは「今日は楽しい店」の部類に入るわけであるが。
ここの店の料理は、本当に本当に本当に辛い。
どんな激辛カレーも、どんな激辛ラーメンも全然平気な俺でも、なかなか辛いと思う凄い店だ。
、、、で、最近は他の店で味を覚えた「カオクカピ」という海老味噌チャーハンにゾッコンなわけだけども、その店で注文してみた。
今回は激辛が欲しいわけではなかったから「日本一辛いカオクカピ」’下さいとは言わなかった’。普通のカオクカピが来ると思っていた。
、、、、そして、、、料理が出てきて、ウハウハ気分になり食べてみた。強烈に辛かった。
「ちょっと、おねーさん!何で?これ辛いよぉー」
「大サービスですぅ」
「カラオケもうるさいよぉー、ちょっと静かに出来ないの?」
「大サービスですぅ」、、、これはいつものセリフの展開だけどね、、、
「ちょっとー、カラオケうるさいよ、本当に、やだよぉー」
「大サービスですぅ」
けど、食べているうちに、日本一辛いカオクカピもいいなぁと思えてきた。次からは「日本一辛いカオクカピ下さい」って注文しよう。
「こりゃーいいや」リストに加えられた。
そして会計を済ませて帰ろうとした時、勘定が、メニューに書いてある値段より少しだけ高い事に気が付いた。
「あれっ?メニューに書いてある値段より高いんじゃないのぉー?」
「そうですぅー、水が一杯100円ですぅー」
、、、なるほど、おもしれぇー。
この対応も、「こりゃーいいや」リストに加えられたのであった。