Joe Tsuchiya Blog - Since 1999

食パンの耳

2008年06月25日 17:09:08

食パンの耳のオマケが欲しくて、いつものパン屋さんに予約しに行った。「明日、いつもの12枚切りをとっておいて下さい!」って。
いつもいつも、12枚切り一斤を買うと、食パンの耳をおまけで数枚無料でプレゼントしてくれるのである。
今回はなんと!ラッキーなことに、予約しただけで、食パンの耳を12枚も無料で貰えた!12枚ですよ12枚!耳だけ12枚。
panmimi
おいしいです!!これはすっっっっごい美味しいっす!!
ていうか、ヤバッ!ほとんど食べちゃった。

タイ王国のおみやげのフリーズドライ・ドリアン

2008年06月24日 17:10:06

タイ王国のおみやげのフリーズドライ・ドリアン・を貰った。とても嬉しかったわけで、その場で「開けちゃっていいかな?」って
言って、食べ始めた、、、そしたら、フリーズドライジャックフルーツだった。一口食べて違いがわかった。
袋は、本当に似ていたものだから、俺も、その友達も、食べるまでわからなかった。
ということで、更に、もう一袋、正真正銘のフリーズドライドリアンを貰えてしまった。
早速食べた!スゲェー美味しかった!やばい!毎日食べたくなってしまった!おみやげはタダだけど、国内だと一つ1000円してしまう!
1000円でも、欲しければ買い続けてしまいそうだ。
なんだか最近話題のタバコのようである。とても依存性が強い。ホテルや飛行機では持ち込み食べる事すら注意されてしまう。
だけど、「そんな事に負けてたまるかぁ!!」って、愛煙家と愛ドリアン家は対抗するのである。

、「ミスティファニー・ユニバース」要するに「ミスおかま」

2008年06月16日 17:12:09

タイ王国ビデオ専門店のお薦めのミスコンテストビデオの鑑賞。ミスワールドも、ミスタイランドユニバースも、ミスチャイナも、
ミスキャノンも、そして今年のミスタイランドも、今年のミスチャイナも、誰一人としてグランプリ受賞者が嬉し泣きをしない。
グランプリって受賞すると、感動のあまり嬉し泣きしてしまうと思ったんだけど、ミスグランプリは本当に泣かないなぁ。
そんなところへ、「ミスティファニー・ユニバース」要するに「ミスおかま」のビデオを入手した。
凄いぞ!凄い!凄い!凄いぞ!凄い!凄い!ってわけだったけれども、とうとう見た。
グランプリ受賞の瞬間と同時にグランプリ受賞者が泣いたのだ。やっと見ることが出来た、ミスコンテストグランプリの涙。
そしてミスコンテストだけれども、「ミスおかま」だった。
「おかま」といえばパタヤっていうのは知る人ぞ知る事実である。
okamasokama
パタヤっていうのはタイ王国にあるのは言うまでもない。
J.T.E.S(J.Tエスコートサービス)では、最高のタイ王国エスコートツアーを提供しております。(笑)
これまでの人生で最高の記録となるであろう日々、そしてこれから先の人生でも二度と味わえないであろう最高の日々を
提供させて頂いております。(その他内容は日記参照にて)他社のパッケージツアーには絶対に不可能な企画でございます。(笑)
私とセットで魅力倍増楽しさ倍増!!各自で行っても魅力半減楽しさ半減!予約注文はJTクラブジム 担当土屋ジョーまで(笑)
まずは休日の申請を!!そして、納得する事は間違いございません!

日本プロキック連盟のアマチュアの部の試合に堤選手と後藤選手が出場

2008年06月04日 17:13:07

、、、そして、土曜日には、日本プロキック連盟のアマチュアの部の試合に堤選手と後藤選手が出場して勝利しました。
5.18にJ-NETのアマチュア大会に出場したばかりの両選手でしたが、次の日の5.19から猛練習を重ねてきました。
5.18に、ダメダメだった堤選手は、今回は、完全勝利出来ましたが、まだまだのこれからでした。
もっともっともっともっと試合試合試合で、ひたすら毎日見張られて監視されている練習(笑)を重ねて精進してほしいです。
後藤選手は合格でした!以上!引き続き、試合や、ひたすら毎日見張られて監視されている練習(笑)を重ねて精進してほしいです。
試合後は、土屋ジョーも絶賛のタイ料理屋格付けランキング第一位の店に連れて行ってあげたくなったのは当然でした。

日本人を見た

2008年06月03日 17:14:30

この前の土、日は、「JT祭り」が行われました。「JT祭り」とは、JTクラブジムの生徒が試合に出て、
会員一同の心が祭りの様に盛り上がる事を言います。
まず、日曜日には、厚木ジムのトレーナーでもあるヨン・ユット・JTクラブジム選手が試合に出場しました。
日本人と対戦するタイ人という立場ではありますが、30人近くもの生徒や関係者が応援に駆けつけてくれました。
彼の人柄の良さと、なによりも、厚木ジムオーナーの坂上さんの人脈と人柄の影響と言えると思います。
対戦相手の大刀国秀選手は、「日本人選手の意地」を見せていたと思います。
この日のトリプルメイン3試合は、タイ人の元王者又は元ランカーVS日本人。
バリバリの頑張ってる現役日本人王者やトップランカーがタイの元王者や元ランカーに挑戦するというテーマ。
タイの現役王者やランカーではなくて、元王者や元ランカー、元、、、元、、、元、、、元、、、元です。
今までもいろいろな上記のテーマの対決を国内で見てきて、「タイ人て凄いなぁ」「ムエタイって凄いなぁ」って思うと共に、
なんだか悔しくて、、、
入場直前にグローブはめたままタバコ吸ってるタイ人も見てきたし、その他いろいろと、、、そして勝つのはタイ人、、、
とにかく強くて、尊敬するしかない状況でした。もちろんそのずっと上には、現役のランカーや王者がいるわけで、
そういう人間は、もっともっと尊敬するし、だからこそ「一体どんなんなんだろう?」って無謀にも自分自身で戦ってみたものでした。
その時は、偉大で尊敬に値するタイ現役王者に「この裕福日本人はチキンだ」とか「やっぱり日本人はダメダメだな」とか
だけは絶対に思われたくないため、必死になれたものでした。
そんな気持を代弁してくれるかのような試合を、大刀選手が日曜日はしてくれたと思いました。
私が、去年にムエタイ現役王者と試合をした時には、年輩の人に「今日は日本人を見た」と褒められて嬉しかったんですが、

土曜日の大刀選手には、私が「今日は日本人を見た」と、彼に対して言いたい気持でした。
そして、土曜日には、、、つづく、、、

2008年6月1日(日) J-NETWORK(Let’s Kick with J the 3rd)試合結果

2008年06月02日 20:51:38

第12試合 日泰3vs3対抗戦 57.5kg契約 3分3R(延長1R)
×大刀国秀(藤ジム/J-NETWORKフェザー級2位)
○ヨンユット・JTクラブジム(タイ/JTクラブ厚木/元ルンピニー・フライ級ランカー)
判定0-3 (少27-28/山中28-29/シーナ27-28)