Joe Tsuchiya Blog - Since 1999

タイでの経験談色々・・・

2005年01月28日 01:09:20

あとは、、、、、真っ赤なビキニブリーフもたくさん買っておいた。30枚程。もう、タンスのビキニブリーフコーナーは、真っ赤だ。
日本は暗い落ち着いた色が多いが、タイは、真っ赤なブリーフを見掛ける確率はメチャメチャ高い。手に入れ易かった。
見えない場所のこだわりって良いよね!けど、時々道端でもちょっぴりズボンめくって見えさしたりもしちゃうけどね。
あとは、、、、初めてタイで映画館での映画をみた。100バーツ位だったかな?270円てことだよ、安っ!
なんだか、上映直前には、タイの王様の画像が流されて、客は全員起立させられる。さすが、王国。「もしかして、国歌流れる?流れちゃう?」
とか思ったけど、残念ながらそれはなかった。
あとは、、、、毎度のフェイシャルエステ150バーツにも行っといたんだけど、他にも、「ツメキリコース」があったわけ。欧米人がよくやっていて、
爪を美容師に切ってもらってるのをよく目にしていた。、、、で、俺もやってもらってみたくなった。
200バーツだった。これ、凄い快適だった。手と足のツメを切ってもらって、ヤスリもかけるし、ワセリンで磨くし、
もう、凄いのだ!手先足先ピッカピカだにょん!これ、次回からの、絶対お決まりのコースだね。
あとは、、、、海外での角刈り初体験もしといた。ってなりたかったんだけど、角刈りってのは、本当に床屋の腕が出るもので、
いつも、ご指名の床屋を決めているわけで、日本に帰った時に、「んっ?他の奴に切らせたな」って思わせるとなんだか
かわいそうだし、せっかく見つけているバッチリの腕前の床屋に、気分良く上手に切ってもらい続けるためにやめといた。
あとは、、、、天井にぶら下がってる鐘をカンカン鳴らすと、その店の店員や客全員に一杯ずつ飲み物を奢るっていうシステムが
あるビアバーって店が星の数ほど存在してるんだけど、年越しってことで、幼なじみの豪傑君が「イェーイ!」って言いながら、調子に乗って
何回も何回も鳴らしていたから、とっっっっっっても景気良くて楽しかった。俺も声だけは一緒になって一番の大声で「イェーイ!」
って叫んでいたけど、俺、アルコール飲まないから、リポビタンを何回も飲むハメになっていたような気が、、、、、
けど、全部豪傑君の奢りになるシステムだったし、まっいっか。
あとは、、、、とりあえず、日記を記しておくと、読み返した時に、「こんな時こんな考えだったなぁ」とか思い出せるから良い。
だって、書いとかないと、せっかくの行動を忘れちゃうでしょ。全てではなくても一部分でも書いてあれば、
全てを思い出せたりするしバッチリだ。昔の日記とか読んでみると「あぁー、こんな事考えてたっけなぁー」とか
「そうだったっけ」とか「みっともねぇー(恥)」とか、いろいろ楽しいもの。
練習日誌は14年分毎日書いてあるから「この時はこんな練習してたんだ」とか「この時はこんな物食べてたんだ」とか「この時何Kgだったのかな」
とか回想出来て都合が良いけど、普通の日記帳なんかめんどくさくて書いてないから、ホームページとして更新しとくと回想も出来て一石二鳥だ。
あとは、、、、今回は、とにかくタイランドを楽しんだ。練習も、もちろん精一杯してたけど、それはそれで、呼吸みたいなものだった。
当然の絶対必要不可欠な出来事に過ぎなかった。それに普段は、練習自体が楽しかったりハイになれたりして苦痛じゃないし。
睡眠不足だろうが、過労状態だろうが、ジムには通い、余った時間は色々満喫しまくった。(マンガ喫茶ではない(寒))
とにかく、精一杯ハッスルした。次回が訪れる時も、もっともっとハッスルするつもりで過ごした。
あとは、、、、NJKFの興行を見た。現役選手のタイ人ていうのは、やはりとてーも強かった。岡山県のジムのチャンピオン2人も元気ピチピチだった、
魚かと思った。岡山県に出稽古してみたくなったりした。けど、遠いや。それはそうと自分の試合日程決めなきゃ。どうしようかなグズグズしている。
あとは、、、、つづく、、、、、、、

寒いよりは絶対完璧に暑い方が好きだ!

2005年01月24日 01:11:45

突然、現在の話に戻るけど、、、、、、
今日は神奈川県は雪が降った。俺にとっては、とても珍しい物を見たってことで、ロードワークの時に降ってたのを見たんだけど、
「ワーイ雪だ雪だ!ほー、雪だ雪だ!」状態だった。
毎日降ってる場所に住んでる人にとっては、雪なんて、迷惑でむかつく現象だろうと思う。
なぜなら、走り終わりや、夜になる頃には、俺も雪にも飽きてきて、「雪の野郎!寒いじゃねぇーか!うざいなぁ!」「迷惑だコラ!」
って思ってしまっていたくらいだから。
ってことで、毎日降るような場所に住んでる人は、どんな人も、「寒い」「うざい」「もうたくさんだ!」の三拍子かなと思う。
俺は、寒いのは嫌いだ。体重だって落ちにくいし、寒いと元気なくなってくる。
俺は、暑い方が好きだ。俺にとっては体重も落とし易いし、暑すぎはだるいけど元気は出る。寒いよりは絶対完璧に暑い方が好きだ!
、、、、だから、次回は、暑いタイランドの話に戻そう、、、、、つづく、、、、、

目標は「ポリス収賄作戦inタイランド」

2005年01月19日 01:15:42

今回のいくつかの目標のうちの一つが、「ポリス収賄作戦inタイランド」であった。
去年は、駐車禁止になってしまった時に、ワイロの金を出したりしたんだけど、収賄に失敗してしまった。
クリーンな警察官に当ってしまったのである。しかし、よく話でも聞くし、実際に俺は、この目で何度か
タクシーの運転手が交通違反したのに何十バーツかワイロ渡して、ニコニコして収賄したりするのに乗り合わせているのだ。
「とにかく、絶対に収賄してみせるぞ」と心に誓っていた。とりあえず、検挙されるために、毎日ノーヘルメットと逆走を常に続けて検挙される確立を
上げることにした。
(これ、はっきりいって楽チンお気楽走行で、行きたいとこにすぐ行けてとても便利なんだけどね。しかし、なによりも事故すると危険だよね)そして、捕まえてきた警察官を収賄する計画だった。収賄作業のチャンスをひたすら待った。
しかし、さすがタイランド。何人もの警察官、何台ものパトカーと毎日毎日すれ違うのに「マイペンライ」が続いた。
警察官達も重大事件でも無い限り、あんまり働く気がないようであった。
そして、帰国2日前になって、赤信号で止まっていたとき。交番から警察官が出て、やってきた!
俺(よぉーーーーしっ!頑張るぞぉ!)
警察官「!!#$%&%’#$’$」(、、、、、って言うんじゃなぁーーーい。)
俺「オッケー」400バーツを差し出して見せた。
警察官「ノー、#&%$%&’&'」(みんな見てるし、ここは交番だしダメ)みたいなこと言ってたかな?
俺「オッケーオッケー」更に1000バーツを差し出した。
警察官「ノー」手を振って一切受け取る様子ナシ。
、、、、、で、ちょっとだけ粘ってみたけど、結局、「収賄作戦inタイランド」は失敗に終わった。
今年もまたもや、クリーンな警察官に当ってしまったようである。(、、、、ですからーーーー!残念っ!!)
結局、警察署に行かされて、サインして(これは色紙にするサインとは違いますからーー!残念っ!)規定の罰金200バーツを払った。
しかし、警察署での滞在時間は、実に、たったの3分程度にて終了だった。この、いいかげんさも、とても素敵だタイランド。
受付係は、前回、駐車禁止の時に来た時と同じ人だった。ニコニコしていた。この、いいかげんさも、とても素敵だタイランド。
そして、その後は、もう、このやりとりが、めんどくさいし、安全のためにもしっかりとした態度で乗車し続けました。
しかぁーーーーし!次回こそ絶対に「ポリス収賄作戦inタイランド」の記録を成し遂げてみせるぞっ!!
、、、、つづく、、、、

ヌキヌキマッサージinタイランド

2005年01月16日 15:53:03

その、しょっぱなタイ到着後に遭遇した事件とは、、、、「ヌキヌキマッサージinタイランド」だった。
以前の日記(2004/03/21(日)の日記参照)でも記してあるが、アメリカ遠征の時も普通のマッサージ屋だと思って入ったのに
実はヌキヌキマッサージだった事件「ヌキヌキマッサージinアメリカ」があったけど、今回も偶然にも、それに巻き込まれてしまったのである。
オイルマッサージやっているっていうのに「ヌキヌキしなさい」「ヌキヌキしなさい」うるさいのである。
前述のとうり、俺の価値観では、この流れは、゛NGダメダメNGダメダメ゛なので、拒否し続けたら
「ヌキヌキしないのなら、次からこの店に来るな!」などと゛何回も何回も゛マッサージ中に言われ続けた。(笑)
もちろん、タイでの試合直前の日々であるオーナーに「なんだよここはっ!うるさいなぁ!」って、俺が怒られた事は言うまでも無い。
看板にだって、「マーサージ、サウナ、スイミング」とか書いてあって、どう見ても普通ぽかったんだけど、、、、、、。
マッサージ屋の看板出しといて「ヌキヌキしないのなら、次からこの店に来るな!」とは、全く、、、あきれる。凄い。
これも、さすがだ!タイランド!恐るべし!タイランド!
けど、通常は、探せば安くてまあまあ上手な店がタイにはいっぱいある。一時間600円弱位が平均的値段かな?
バンコクのタイ式マッサージの総本山のワットポーにも行ったことあるけど、今回、カオサンていう場所で見つけた店の
オイルマッサージは本当に安くて最高に疲れがとれるような気がした。とても上手だった。
今までで初めて、フルチンにさせられないで、パンツ履いたままのオイルマッサージだった。
タイだったら、日本のマッサージ屋に行く料金(5-6000円)払えば、たまたま見つけたご指名の上手なマッサージ師を一日貸しきれると思う。
部屋に戻ったら、いつでも最高に腕の良いマッサージが受けられて、友達が部屋に来た時も、接待として、無料マッサージを提供してあげれる
なんて状態になることが出来たらカッコイイなぁ。但し、オイルマッサージはベタベタするから、タイ古式マッサージじゃないとダメだね。
とにもかくにも、「マッサージって言ったらこいつだ!最高の腕だ!」って人を見つけてみたい。宝捜し!いいねぇ。
日本では、もう、どこにいるか所在は知らないけど、全盲の人が、過去最高の腕だったなぁ。タイでも最高の腕を見つけてみたい。
もしかしたら、タイでも最高の腕を見つけたら、たまたま全盲の人だったりするかもしれない。もし、そうなったらそうなったで
面白い現象なんだけどね。
そして、後日、タイ式マッサージではないが、タイ人のセコンドにタイオイル(超ヒリヒリします。体がカッカします。)
で入念なマッサージをしてもらってからオーナーは、草試合に出場。37才直前での初のタイでのタイ人との試合に2R K.O勝ち!
おめでとうございました。”あっぱれ”でした。37才なのに試合するだけでも凄いっす!
試合前日には効果的と伝えられているJ.T.クラブの儀式を、実行した事も良かったんだと思います(笑)
、、、、、つづく、、、、、、

TUNAMI

2005年01月15日 01:18:30

まず一発目に、成田空港に行くための特急電車に乗り遅れる事からスタートした。
俺の腕時計が5分遅れていたためだった。結構頻繁に腕時計の時間を確認していたから喫茶店で、ゆっくり「茶」していた。
「さてそろそろ行かないと」って喫茶店を出発して、駅のホームに「ちょうど良いかな」って感じでギリギリに着いた
、、、、、、、つもりでいたのだが、ギリギリに間に合ったつもりでいても、実際はギリギリ乗り遅れたことに
なってしまっていたわけであった。だって、5分遅れている俺の腕時計で時間を判断していたから。
しっかりと時間を確認していたつもりだけど、当然ながら、乗り遅れてしまった。
さて、どうなったかというと、当初出発の2時間前に空港に着く予定が、1時間30分前の到着に
なっただけで済んだ。「最初に1時間ちょっと前につくつもりにしとかないで良かった」と思った。
だって、そしたら、飛行機に乗り遅れちゃってたもの。そして、タイへ、、、、、、、、
今、旬の話題!タイといえば、地震と津波!タイでは、地震と津波の影響がプーケットにはあったようだが、、、、、、、、
バンコクとパタヤには、全然関係無い事であった。地震と津波のニュースは頻繁にやっていて、
そのニュースを見ているタイ人が「おっ、あっ、おぉっ」とか言ってたのは、今となってはとても笑える場面だ。
その後、タイでは「TUNAMI」っていう日本語を何度もタイ人から聞いた。
タイでも津波は「TUNAMI」なのだろうか?
タイっていうのは、ニュースでも死体映像出しまくりだった。ここらへんが日本とは大違いだ。
去年はチェンマイにも行ったんだけど、今年は「プーケットにも行く」なんて予定がなくてよかったと思った。
しかし、「来年はプーケットにでも行ってみようか?」という話が出たのは言うまでもない。
その他、今回も、いろいろな事件が公開可能なものだけでも、やっぱりたくさんあったわけである。
とてもとてもとてもとてもとてもとてもともてとととと充実していた。楽しめた。
しょっぱなタイ到着後に遭遇した事件。それは、、、、つづく、、、、、、

今年も年越しタイランド

2005年01月13日 01:19:59

今年も年越しタイランドしてきました。
寒い!日本は寒い!勘弁してくれ!タイでの超ハードスケジュールも重なり風邪ひいた。
気温差は、25度位はある。神奈川県は今、最高気温8-10度とかだけど、タイは毎日33-4度だもの。
もう、寒くて寒くて寒すぎて、カチコチになって、凍えてしまいそうですからーーー!残念っ!
年越しタイランドは、今年で3年目だった。年末年始は、日本のジムは休業で練習できなかったりするから
ムエタイが国技で年中無休のタイはちょうどいいのである。
だって、ジムワークが全く出来ないよりは、やっといた方が良いに決まってるもの。
年末年始で日本のジムは休暇ぎみだし、タイのジムならやっているわけである。
けど、はっきりいって、最近はもう、練習内容なんかもしっかりと定着してきていたし、
日本で午後練と夜練をバシバシやってた方が、タイで毎日金払ってビジターとして練習
するよりもキツイって言えばキツイと思う状態になっていた。良い事だと言えば良い事なんだけど。
去年はタイの方が厳しいと思ってたけどなぁ。けど、日本の方が寒い分、疲れにくいというのはある。
ということで、、、、「あと、何回こういう気持ちで年越しタイランド出来るのかなぁ」とか
いつも同行の友達に話しながら過ごしたわけである。
そして、もちろん、せっかくなら思い出のためにファイヤーフィーバーハッスルしておきたくなるのは言うまでも無い!
今回のメンバーは、日程はそれぞれに異なるが、俺と幼なじみの豪傑君と高校の後輩とJ.T.クラプジムオーナーの4人
という感じとなった、、、、、つづく、、、、、、、

生存者一名追加

2005年01月07日 01:21:21

話題のタイランドから、「ただいまっ」を致しました!生存者一名追加ということで外務省ヨロシク!
いつも御同行の豪傑君はテレビのニュースにて、生存者として何故だかわざわざ報告されていたそうだ。
、、、、つづく、、、、、