タイでの経験談色々・・・

2005年1月28日(金曜日)

あとは、、、、、真っ赤なビキニブリーフもたくさん買っておいた。30枚程。もう、タンスのビキニブリーフコーナーは、真っ赤だ。
日本は暗い落ち着いた色が多いが、タイは、真っ赤なブリーフを見掛ける確率はメチャメチャ高い。手に入れ易かった。
見えない場所のこだわりって良いよね!けど、時々道端でもちょっぴりズボンめくって見えさしたりもしちゃうけどね。
あとは、、、、初めてタイで映画館での映画をみた。100バーツ位だったかな?270円てことだよ、安っ!
なんだか、上映直前には、タイの王様の画像が流されて、客は全員起立させられる。さすが、王国。「もしかして、国歌流れる?流れちゃう?」
とか思ったけど、残念ながらそれはなかった。
あとは、、、、毎度のフェイシャルエステ150バーツにも行っといたんだけど、他にも、「ツメキリコース」があったわけ。欧米人がよくやっていて、
爪を美容師に切ってもらってるのをよく目にしていた。、、、で、俺もやってもらってみたくなった。
200バーツだった。これ、凄い快適だった。手と足のツメを切ってもらって、ヤスリもかけるし、ワセリンで磨くし、
もう、凄いのだ!手先足先ピッカピカだにょん!これ、次回からの、絶対お決まりのコースだね。
あとは、、、、海外での角刈り初体験もしといた。ってなりたかったんだけど、角刈りってのは、本当に床屋の腕が出るもので、
いつも、ご指名の床屋を決めているわけで、日本に帰った時に、「んっ?他の奴に切らせたな」って思わせるとなんだか
かわいそうだし、せっかく見つけているバッチリの腕前の床屋に、気分良く上手に切ってもらい続けるためにやめといた。
あとは、、、、天井にぶら下がってる鐘をカンカン鳴らすと、その店の店員や客全員に一杯ずつ飲み物を奢るっていうシステムが
あるビアバーって店が星の数ほど存在してるんだけど、年越しってことで、幼なじみの豪傑君が「イェーイ!」って言いながら、調子に乗って
何回も何回も鳴らしていたから、とっっっっっっても景気良くて楽しかった。俺も声だけは一緒になって一番の大声で「イェーイ!」
って叫んでいたけど、俺、アルコール飲まないから、リポビタンを何回も飲むハメになっていたような気が、、、、、
けど、全部豪傑君の奢りになるシステムだったし、まっいっか。
あとは、、、、とりあえず、日記を記しておくと、読み返した時に、「こんな時こんな考えだったなぁ」とか思い出せるから良い。
だって、書いとかないと、せっかくの行動を忘れちゃうでしょ。全てではなくても一部分でも書いてあれば、
全てを思い出せたりするしバッチリだ。昔の日記とか読んでみると「あぁー、こんな事考えてたっけなぁー」とか
「そうだったっけ」とか「みっともねぇー(恥)」とか、いろいろ楽しいもの。
練習日誌は14年分毎日書いてあるから「この時はこんな練習してたんだ」とか「この時はこんな物食べてたんだ」とか「この時何Kgだったのかな」
とか回想出来て都合が良いけど、普通の日記帳なんかめんどくさくて書いてないから、ホームページとして更新しとくと回想も出来て一石二鳥だ。
あとは、、、、今回は、とにかくタイランドを楽しんだ。練習も、もちろん精一杯してたけど、それはそれで、呼吸みたいなものだった。
当然の絶対必要不可欠な出来事に過ぎなかった。それに普段は、練習自体が楽しかったりハイになれたりして苦痛じゃないし。
睡眠不足だろうが、過労状態だろうが、ジムには通い、余った時間は色々満喫しまくった。(マンガ喫茶ではない(寒))
とにかく、精一杯ハッスルした。次回が訪れる時も、もっともっとハッスルするつもりで過ごした。
あとは、、、、NJKFの興行を見た。現役選手のタイ人ていうのは、やはりとてーも強かった。岡山県のジムのチャンピオン2人も元気ピチピチだった、
魚かと思った。岡山県に出稽古してみたくなったりした。けど、遠いや。それはそうと自分の試合日程決めなきゃ。どうしようかなグズグズしている。
あとは、、、、つづく、、、、、、、


       

Related Posts

今日の宴

納豆おじや(チーズ&バター) Read More

今日の新花

ガーベラ マイコ そんな名前のRead More

漫画家とかが、考えていた景色が、現実になる寸前になっているようですね。