眼の手術結果・・・パタヤで試合?それともアメリカ?

2009年7月28日(火曜日)

実は、っていうか実はなんて別に付けなくてもいいんだけど、先日ゴールデンウィークを利用して四回目の眼の手術をした。
視界のダブリ、眼球の動きの悪さを改善するために左眼だけで4回目になる。手術時間は4時間超。全身麻酔だからチンコに管はいやだった!
ついでに、また更に顔面に縫い傷が12針増えたわけであるが、もう、周りの人から全然指摘されないというのも面白いと思っている。
三年前眼底骨折して人生で二度目の手術をした、三度目は二年前にしたが、画像のとうり、二度目も三度目も全然ダメな手術結果だった。
通常範囲futsuu⇒⇒⇒二度目の手術後視野範囲nidome⇒⇒⇒三度目の手術後視野範囲sandome

むしろ手術の度に、どんどん見えなくなっていった。三度目の手術後なんかは、見てのとうり、ほとんど視界はない状態になってしまった。
手術医を変えて、四度目の手術に挑戦した。こんどは信頼バッチリ。CT写真のように、今まで無かった左眼の支えとなる人工の骨を入れた。

眼球の支えの内側壁骨が無くなったままだったbeforeope⇒⇒⇒眼球の支えの内側壁骨人工骨を入れたafterope

完璧でも、時間経っちゃってるし一回ではなかなか完了しないな。まだまだこれからだ。ただ今、リハビリ中。
もし一回で完了してたら、画像持って前の病院に怒鳴り込むJT祭りatホスピタルの予定でワクワクしてたのに、、、。
「三ヶ月間は鼻をかんではいけないし、激しく力んではいけないし、もちろんぶつけちゃいけない。」
三ヶ月間も鼻をかめないというのはゲロゲロだったけど、なんとか乗り越えて来た。そろそろ三ヶ月。骨と筋肉が安定したら、
そしたら、、、どうしようかなぁ、、、
アメリカ遠征かな、、、それとも、思い入れの地のタイ王国パタヤに後藤和範のように数十枚のポスターを貼られてみようかな、、、


       

Related Posts

今日の宴

納豆おじや(チーズ&バター) Read More

今日の新花

ガーベラ マイコ そんな名前のRead More

漫画家とかが、考えていた景色が、現実になる寸前になっているようですね。