アメリカ合衆国訪問の感想

2003年6月23日(月曜日)

アメリカ合衆国
天気予報の気温は全部、華氏で表示されている。摂氏ではない。試合前後の気温は華氏90度弱。(90-32)掛ける0.55で摂氏30度ちょっとといったところだ。体重計は、どこもポンドで表示されてる。ちなみに、1ポンドは453グラムだよ。50キログラムの人が体重計にのると100ポンド以上になるから、びっくりしてしまう。新聞は、パラパラッとめを通すと、バスケットボール、ゴルフ、野球の写真が目に付いた。きっと、人気種目なのだろう。経済面では、見方はよくわかんないけど、一ドルが何円みたいに表示されていた。「日本国ってアメリカにとって重要なんだ」って肌で感じれた。ジュースはアメリカでは、600ミリリッターが標準サイズで1.25ドルだった。人ごみの中では、すぐに「アイムソーリー」って言って通行する。タクシーの基本料金は1.8ドルだ。バックキックや飛び蹴り、ハイキックなど派手な技が好きみたいだ。ステーキは、でっかい奴が本当にあった。今度は、1キログラムのが食べてみたいな。ケーキが鬼のように甘い味付けである。(「鬼」のようにって言っても、「鬼」っていうのは別に甘いわけではないと思うが)日本から凄く遠くて時差がいっぱいである。プレイステーション2は、はやっていた。PS2の専門店とかもあった。これらは、タイトルマッチの試合のための3日間のアメリカ滞在で感じたことである。


       

Related Posts

他を抜く(タヌキ)が、見守っているジョー

 

今日の富士山

源頼朝が成し遂げた、三嶋大社の100度参り

とうとう90日目を達成しましたRead More