アメリカのマッサージ

2004年3月21日(日曜日)

計量日は、昼に起床した。時差ボケのせいで、2時間に一回位づつ目が覚めてしまいながらだったけど、まあまあ睡眠をとる事出来て体力の回復が出来たようだった。もっと疲れをとるためにマッサージに行っとこうと思ったから、ホテルのフロントに行って探してもらおうと思った。フロントには、すでに数人のアメリカ人を集めて、大きな声で楽しそうに会話している羽田会長がいた。結局、フロントで探してもらったんだけど、一人でたどり着けるか不安だったからタクシーで羽田会長に連れていってもらった。
タウンページで調べたその店は、一時間2000円強(アメリカにしては安い)だった。計量の時間まで、まだ5時間位あったから2時間やることにした。けど、、、、、1時間2000円なのに2時間だと6000円とのことなのである。?????。普通さ、1時間2000円なら、2時間だと4000円以下になるはずでしょ。けど、めんどくさいから、まっいいやってことでやることになった。金髪ねーさんに連れられて、個室に案内された。オイルマッサージだった。仕方なくプルプルプルちんの全裸にさせられた。「英語しゃべれるの?」って聞かれたから、「ダメだね」って答えた。そしたら、「私も喋れないの」って言ってきたから、「なんで?」って聞いたら、「私はスペイン人なの」だって。なんでこの店はアメリカにあるのにスペイン人雇ってんのかなぁ?とかちょっぴり思いつつも、2時間ひたすら「ここらへん押してよ」とか指示を出しながらマッサージしてもらった。部屋の時計を見て、そろそろ2時間かな?って頃に、目を見てジェスチャーで質問してきた。そのジェスチャーとは、、、、、手こきポーズであった!なーるほどってな感じだった。ここは、どうやら、世間で言う、ヌキヌキマッサージであったわけである。だから、スペイン人雇ってたり、1時間より2時間の方が値段高かったり、全裸にされたりしていたのであろう。なんかさ、手こきポーズにカチンとなってムカついてしまった。だってさ、あれなの?天井向いてさ、計量直前に、ボケーッっとひたすら手こきされてんのってさ、客観的に想像するとアホでしょ!なぁにそれっ?って思ってムカついた。っっっっっっと、調子にのってどんどん変な話に向かうのはやめましょう!
「ノォーーー!」って言って、シャワー浴びて体中のオイルを落として出て来ると、ニコニコして俺を三人もの金髪ねーさん(みんなスペイン人とかいろんな国の出稼ぎかな?)が見物しに来ていた。たぶん、ヌキヌキマッサージに来てオイルマッサージだけして怒ってシャワー浴びる変な日本人が来たことが話題になったのかもしれない。、、、、、、、ってことで、今回のこの出来事も、偶然のレア体験が出来たということで、よしっ!へぇー。、、、、、、、、、つつ゜く、、、、、、、、、


       

Related Posts

今日の宴

納豆おじや(チーズ&バター) Read More

今日の新花

ガーベラ マイコ そんな名前のRead More

漫画家とかが、考えていた景色が、現実になる寸前になっているようですね。