パタヤの北朝鮮料理店の踊り子は「喜び組」のメンバーだったのか?

2008年1月14日(月曜日)

今回は、手作り本革バックをオーダーメードで作ってもらった。写真参照!これは、大満足の作品となった。
bag
ヘビの頭とワニの手が2個縫い付けてあり、蛇皮と牛皮を使って作成している。内側にはポケットを3ヶ所に作ってもらってある。
見た目も抜群!ポケットの数など収納、使い勝手も抜群のオーダーメードである。
完成した後に値段が決まったものだから、思ったより高くて困ってしまい、値段交渉のために、店に一時間半も居座って粘った。
「もう、1時間半いるよ」とか店員同士で言っていた。そして、満足のいく破格値段でゲットしたのであった。
こんな希望どうりのデザインと素材のバックが手に入れられたのもタイ王国だからこそであり、日本では俺には不可能であり、
そしてまた、我が最愛のムエタイ(キックボクシング)が国技である国で作れた事で、思い入れ抜群のバックとなったのであった。
年越し集合には韓国国籍の友人も参加していたから、北朝鮮人のショーがある店やその他韓国人専用店に一緒に行った。
店のボス達は「おぉーキレ易そう」という雰囲気バリバリの人達だった。
北朝鮮の店の踊り子は「喜び組」のメンバーだったという事らしいが、本当ならレア体験だったわけであるが、?な感じを抱いた。
だって、「喜び組」とは北朝鮮の帝王、金正日に対する奉仕の為に組織された集団ということなのに何故タイにいるのだ?
そんな事より、韓国人専用店は凄いぞ!どんなに凄いのかというのが知りたい人は、、、
J.T.E.S(J.Tエスコートサービス)のツアーに是非参加しましょう!
J.T.E.S(J.Tエスコートサービス)では、最高のタイ王国エスコートツアーを提供しております。
これまでの人生で最高の記録となるであろう日々、そしてこれから先の人生でも二度と味わえないであろう最高の日々を
提供させて頂いております。(その他内容は日記参照にて)他社のパッケージツアーには絶対に不可能な企画でございます。(笑)
、、、つづく、、、


       

Related Posts

1泊2日で枯れました。(泣)

今日の新花は、ピンクの薔薇でした。

薔薇は、金属や剣山には弱いらしRead More

会員専用ページ~9月の鏡 其の弐~は、目下作製中です

もう数日お待ちください。