花田のヘビー級プロデビュー戦

2006年2月18日(土曜日)

この前の日曜日は、J-NETの興行にJ.Tクラブジムからアマチュア3名とプロ1名が出撃した。
90秒2ラウンドのアマチュアBクラスの3人の清川、トシアキ、ヨシノブは全勝だったが、ヘビー級プロデビュー戦
の花田は残念ながら敗退。
相手はチームドラゴンの選手だったから、試合後は前田憲作さんに挨拶に行って、
「今度、今日の重量級を出稽古に連れて行かせて下さい。」って頼んだらO.Kが出た。それも嬉しかったけれど
「土屋君の練習にも来ていいよ」って言ってもらえたのが超嬉しかったりした。いや、本当に嬉しかった。マジで嬉しかった。
だって、俺も、もうちょっと戦い続けたいから、、、、、、。
帰りには、皆で海老名サービスエリアで軽食会、海老名サービスエリアって言えばメロンパンメロンパンメロンメロンメロンパン
でしょ?
四個ペロって食べちゃったよ。五個目を買いに行こうと思い始めてる時に、
「ここにいると食べちゃうからそろそろ帰りましょう」って意見で帰ることになって助かった。良かった。
まっ、俺のルール的には食べて良い時間だったからメロンパン4個でもへっちゃらだった。
そして、試合当日も通常の週二回の練習日の日曜日だったものだからJ.Tクラブジムはオープンされることとなったのであった。
花田も夜10時半に来たし、結局、その日に試合に出場してた人間4人のうち3人が練習に顔を出したわけであった。
キックボクシング(ムエタイ)にゾッコンの共同体がそこには出現していたわけである。
正直、試合当日は俺もかったるかったわけであるが、キックボクシング(ムエタイ)が好きな人間のことは好きだから
ジムをオープンすることとなったのであった。


       

Related Posts

今日の富士山

骨董市で、値切りに挑戦するジョー

今日の茶道&武士道