タイでジーパンを本物の銃弾で打ち抜いて穴を開けて…

2006年1月24日(火曜日)

タイでジーパンを本物の銃弾で打ち抜いて穴を開けて、世界に一つしかないリーバイス502ビックEジーンズを作製した。
タイは実弾で実際に射撃が出来るのだが、実弾射撃場で、普通の的の代わりにジーパンをつりさげてもらい打ち抜いてみた。
shooting
腿、膝、脛の部分を両足共に打ち抜いた。最初は普通のハンドガンで打ち抜いて、次にショットガンで撃ってみたんだけど、
ショットガンていうのはスゴイね。一箇所に撃つと15個位の穴が開く。威力抜群これは撃たれたらヤバイよ、マグナム以上に超強烈。
そして、帰国後、リーバイス201が手に入った。201XXとはまた違うものだ。レア物らしい。
尻についてるビックE赤タブすら存在ついてない。次の予約はリーバイスS501XXだ。段々とマニア化してゆく私だった。


       

Related Posts

さかうえひとし先生に、神社を習ってから、氏神神社(沼津日枝神社)の100度参りを完了して更に

今は、源頼朝が成し遂げた、三嶋Read More

開設●●21周年の●●今日のJTラブジム

まだまだ寒い日が続いていますがRead More

全日本戸山流居合道連盟の靖国神社奉納演舞 4月29日(昭和の日)靖国神社 能舞台にて

一昨年は、ゆっくりの「燕返し」Read More