土屋ジョーエスコートサービス「J.T.E.S」

2005年10月20日(木曜日)

土屋ジョーエスコートサービス「J.T.E.S」もまあまあの出来だったと思う。
地上83階でのお茶会フォー、果物の魔王ドリアンフォー、屋台の串焼きフォー、南極フォー、ラジャダムナンリング上での皆一緒での記念撮影会フォー、ピンポン玉フォー、ビーチフォー、ガチンコムエタイショー二人出場フォー、
おすすめのオイルマッサージ屋紹介フォー、おすすめの料理屋紹介フォーなどなどなどなどなどの様々な企画。
短期間ながら、わざわざタイまで試合ツアーに一緒に来てくれた皆も少しは満喫出来たのではないだろうかと思う。
そして、タイのラジャダムナンスタジアムのリング上で記念撮影出来た事は皆の価値観からすると人生の自慢の出来事となるはずだ。
あと、タイで二番とかいう食堂にも行ってきた。(何が?と思ったけど)
病院(タイの病院すごいよ。一日目の病院は消毒だけなのに3千円ちょい位、二日目以降は病院変えたら400円ー700円位の
日々によっての変動、一体、どうやって料金が決まるのだろうか?タイの物価に対しては凄い料金の開きだと思う。
金額は微妙に適当?おまけに、抜糸予定日に、俺が言うまで抜糸の事忘れていて、消毒だけして治療が終了とか言うもんだから
「ヘイヘイヘイ」って抜糸のジェスチャーしたら9針のうち7針分だけ抜糸して、ビビッて中途半端に、たったの2針分だけ残された。
二回に分けるならば、9針のうち4針位は残さないかなぁ?と考えるけどね。そしてまた、これらの出来事も、大事にならないならば
楽しい思い出になるだけということで良しとしよう!)
に傷口を、消毒しに行ってから、朝九時半頃場所を突き止めてたどり着いた。「今日はもう閉店だ」と言われた。
営業時間を聞いたら、朝六時から、朝八時半までの一日たったの二時間半の営業時間とのことだった。(おいおいっ、ラーメン屋の佐野かよ?)
「ここは、タイで二番なの?」って聞いたら、「そうだ」って言うもんだから、
「何が二番なの?」って聞いたら「全部だ。作ってやる。待ってろ」と、言われた。
シーフードチャーハンが出てきた。とりあえず、とてもうまかった。金はいらないと言われた。だけど、三十分位、店の男の
話に付き合う羽目になった。が、もちろん、かえって楽しかった。
そして、試合後、皆をパタヤに連れてって、バンコクに送り届けて、、、、、エアコン16度で、ちょっと横になったら一分で
眠っちゃったもんだから、冷凍エアコンつけっぱなし睡眠で数時間後に寒さで起きたら、風邪になってしまっていた、、、、、つづく、、、、、


       

Related Posts

今日の宴

納豆おじや(チーズ&バター) Read More

今日の新花

ガーベラ マイコ そんな名前のRead More

漫画家とかが、考えていた景色が、現実になる寸前になっているようですね。